株式会社風憩セコロ

公園や道路など、公共のスペースを中心に太陽光発電や風力発電を利用した自然エネルギー照明灯の他、ベンチ・手すり・フェンス等の製造・販売をしている会社です!

djKazuchan担当

djKazuchan

☆djKazuchan☆ 戻ってきたよー! バイクはHONDAが大好き♫

都市と生活担当

HW

ミシシッピデルタブルースとヨガが好きです。

素材と加工担当

ツチヤ

失われた世代

テクノロジー担当

フジワラ

少林寺拳法歴 37年
Apple製品と家電をこよなく愛す。好きな言葉は「新機能」

酒場放浪記担当

ヒキフネ

乙かれさまです。

djKazuchan
djKazuchan

May J.

2014 . 04 . 26

どもども。趣味人です。

僕はこの歌姫に心をもってイカレてますのでご紹介しまっす。

May J. さんでーす!
・本名 橋本芽生(はしもとめい)
・出身地 神奈川県横浜市
・生年月日 6月20日 (25歳)
・血液型 O型
・言語 英語 日本語 ペルシア語
・身長159cmくら
父親は関西生まれの日本人で、母親はちょっとややこしいんですが、
「イラン・ロシア・スペイン・イギリス・トルコ」のバックグラウンドを持ってるらしいですよ。わっけわかんねー!笑
現英語と日本語とペルシア語を話せるなんていやぁ〜羨ましい!!!
僕は日本語しか話せないですが、正直日本語でさえもあんまりちゃんと
使えてないという・・・。笑

また最近はカバーソングも歌われてるようです!

1stSummer Ballad Covers
2nd Cover Album『Heartful Song Covers』
結婚式なとでもよく使われていますね!

そして×2映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go(レット・イット・ゴー)も歌われいます!
ぜひ聞いてください!
Frozen Let It Go/ありのままで May J POP ver. 中文/日文 字幕 - YouTube
いやー可愛いねー笑

たかまる〜‼︎

djKazuchan
djKazuchan

ARIA

2014 . 04 . 20

ちょっとリスペクトする人紹介します
Rockバイオリニストさんです。

ARIA(アリア)相澤アリアさん
1984年5月16日生まれ。(ん、同い年笑 )山梨県出身(ホウトウ)
2歳よりヴァイオリンを始め(2歳って…)
音大在学中にフランス・クールシュベール音楽祭や、
アメリカ・カルテットプログラムに参加したそうです!
大学を卒業後、2008年に「ARIA ASIA」というバンド名でインディーズ・デビュー!(おー!パチパチ)
渋谷を中心にストリートライブをし、1st Single”Gypsy Girl ”はライブハウス、路上ライブのみで販売15,000枚を記録。(CD売れない時期にね)
2008年グラミー賞受賞アーティスト喜多郎のワールドツアーに参加。
モンゴル800の全国ツアーに同行!(モンパチ大好き笑)
2009年より沖縄を拠点として音楽活動を展開。(那覇市内)
2011年4月6日に待望のソロファーストアルバム「ARIA」の発売!
CMタイアップ曲含む全12曲収録(購入済笑)

よく FMラジオに出ています。毎回チェック済み!
1枚目、2枚目画像はデビュー時
3枚目はソロ活動をしてから 個人的には今の方が大好きです!
Rockじゃないけとつけときます。
Aria Asia - 小さな恋のうた Live in Okinawa - YouTube
カノンRockも聞いてください!
Aria Asia - Canon Rock (Canon in D) - YouTube
バイオリン弾けるなんてカッコいい‼︎

djKazuchan
djKazuchan

栄光の架け橋

2014 . 04 . 10

んちゃ‼︎
アラレちゃんじゃないよ?笑
趣味人かずちゃんです!

先ほど、写真整理してまして

ちょっといい写真を見つけたのでUpします

2013年のLIVE写真と…こっそり夜、Factoryで練習してた時の
写真です

夜の練習はなんか色んな意味で盛り上がる

音楽の話•仕事の話•女の子の話笑

修学旅行の夜、寝る前のみたいな気分で17歳に戻ったように感じる

下手でもいいんだ‼︎また、歌おう!また一緒に奏でよう!

それがSekoro Bandだ

まぁ夜まで盛り上がりすぎて、注意されたのは言うまでもありません笑
熱くなっちゃうんです笑 わかるかなー?このキモチ笑

たかまる〜‼︎

djKazuchan
djKazuchan

ツヅリ•ヅクリ

2014 . 04 . 08

カントリーロード〜このみち〜
ずっと〜ゆけば〜あの街に〜続いてる〜
気がする〜カントリーロード〜

このフレーズ知ってますか??
ジョン•デンバーさんがカントリーミュージックとして、歌ってた曲を
ジャパニーズにカバーした曲です。

この曲を弾きたくて、ググっていいたのですが…この曲をカバーしている
ユニットを某動画サイトで見つけました。

ちょっと紹介したいと思います。

ツヅリ•ヅクリ ♂1名♀1名のデュオ•ユニット
透明感のある歌声に、攻撃的な打楽器とそれを調和するピアノで演奏
様々な顔を見せる二人の音楽は、さながら四季折々の山のようです
観る人を幸せな笑顔で迎えたかと思えば、
激情に任せた熱いサウンドであっという間にツヅリ・ヅクリの世界へと引き込んで行きます。
登り詰めたその先にあるぎゅっと優しく胸を締め付ける歌声には、涙せずにはいられません。
ポップ。ロック。バラード。
全てを兼ね備えた、ちょっちオススメなデュオ・ユニットです。

ぜひ、時間ありましたら聞いてください。
たまにはこんな音楽もいいかと思います。
リンクを貼るテキスト


たかまる〜‼︎

djKazuchan
djKazuchan

レジェンド

2014 . 04 . 04

趣味人のかずちゃんです( ´ ▽ ` )ノ

うーん。。春ですね〜
こんな日はまた僕が好きなバイクを紹介します。

今日は、CB1100Rです。
数少ない「本物」のバイク・・・それが CB1100R です。このバイクはあのHONDAがレースという過酷な世界で
「NO1」を取るために特別に作ったバイクです。
このバイクが現役だった1983年=僕が産まれる前
このバイクは手に入れることなど想像も出来ない正に「夢」 で有り「尊敬」に値するマシンだったそうです。

高性能と販売台数が全世界合計で5000台程度と極端に少なかったこと、そして国内で唯一販売されたシリーズ車 のCB750Fが50万円強のプライスだったのに対してその5倍近い250万円!(一時はプレミア価格として350万円で販売 された例も有った)と言うスポーツカー並みの高価格もあって、当時のライダーの憧れだったと言っても過言ではなかったそうです。
当時走っている姿を見かけることもまず有りません、たまに雑誌の世界でのみ出会える特別な存在だったそうです。

インプレッションは、自分が速くなったように感じられます
カウルに包み込まれ、バイクと心も体も一体。もう気分はレーサー
アクセルをひねるとまるでエンジンが、パワーと共に語りかけてくるようでした。でもクラッチは重すぎです笑
そう、キリンの漫画にももちろん出てきます!
そんなバイクがうちにあるなんて笑 ちょっと自慢です笑

今日はレジェンドCB1100Rの紹介でした☆

ちなみに最近はミランダ•カーさんに、ハマってます。

たかまる〜‼︎